​しいたけの館21

Eco Museum in Mortotsuka

​ジャンル:インテリア、リノベーション、改修、公共施設、集会所
​業務内容:設計監理
竣工:2018.08
用途:集会所(公共施設)
計画面積:400㎡(施設の一部)
計画地:宮崎県諸塚村
協働会社:パワープレイス株式会社
施工:株式会社内田洋行(代表)
外部工事:株式会社夢工房住託
内装工事:綟川建設株式会社
家具工事:もっくわーく那須
設備電気工事:株式会社九電工
Genre: interior, remodeling, renovation, Public building, Hall
Work of Scope: Design, Super vision
Completion:Aug.2018
Major use:Community Center
Area:400㎡ (remodeling area)
Location:Morotsuka, Miyazaki
Team:POWERPLACE CO.LTD, 
General Construction:Uchida Yoko
Exterior works:Yumekobo-jyutaku
Interior works : Mojikawa kensetsu
Furniture works:Mokuwork Nasu
MEP works:Kyudenko
photography : Yoshiaki SHIOYA

 しいたけの館21は築30年を超える鉄筋コンクリート造の自然観光・学習拠点施設です。宮崎県北部諸塚村の中心施設である当プロジェクトは、日本のバブル時代に建設された複雑な形状をした施設です。30年の運用にて幾度の改修・増築を行われたことにより、閉塞感が高まった施設を、明るく開放的な施設に改修しました。過疎化が進む地方施設として、建築計画の提案できることを考えた計画です。私たちは日常的に村民が立ち寄り、観光客や来館する児童たちの賑わいを一体的に感じることができる、「元気を共有する」施設を提案計画しました。

Eco Museum in Morotsuka (EMM) is RC structured facility built more than 30 years ago, and utilized as eco tuirsim center for nature study. The intricately shaped facility, built in known bubble economy era of Japan, was locates in Mortsuka town in north mountain side of Miyazaki pref.. It has been remodeled and expanded several times in the past and became dark complicated interior. We redesigned the facility to insert natural lights, and think back what architecture design can participate in depopulation of suburban villages. Our vision for the project is to design space for villagers to settle and feel together with 

 計画初期当時は「増築」を目的に開始されました。利用年月が増すにつれ、物品設備が増え、保管・展示できる床面積が必要とされるからです。私たちはその必要性に立ち返り、プロジェクトの抱える悩みの根底を考えることにしました。

​EMM was first required to expand the space to stock the multiplied disused articles during the past 30 years. It requires to expand space for extra exhibition space to suites the provision of articles. But we first started to think back the original issue of the project condition.

​施設は不要になっている過去の展示物などの保管の問題以前に、施設の室内環境は暗く、諸塚村の豊かな山間の景色が見えない状況でした。それは渓流のある谷間に接する敷地にも関わらず、パティオ空間は壁のように景色を遮るギャラリー回廊に囲まれていました。

30年前に計画された構造や施設構成は改修の目的である機能更新に耐える骨格をもっていましたこともあり。すでに展示物が古くなり、内容更新がされていないギャラリー回廊を撤去する「減築」を提案しました。施設本来の魅力を引き出す計画立案です。

 

​(上写真)既存の回廊ギャラリーを撤去し、テラスバルコニーをつくりました。渓流沿いにあるバーベキュー場に向かうための橋や橋の先にある村の象徴である橡地蔵が視認できるようになり、地域の特徴を活かした施設に生まれ変わりました。

Taking site research for EMM , interior was gloomy and dark without any nature view of mountain. The expanded building gallery was shaped to cut the connection to the valley with river.

The RC frame structure built in 30 years ago was tough and able to reordered to facilitate with today's use. We proposed the "building reduction" especially radically against old gallery with exhibited disused articles. The old gallery which required to expand at first was founded as negative factor from our research.

​(Photo above)The old gallery was reduced and became a terrace balcony. It connects the BBQ space in the other side of the valley and let the visitors see the mini-shrine of village at the end of the bridge.

減築することで山間の眺望を楽しめるようになり、明るく開放的な施設となりました。また受付事務スペースから施設全体が見渡せるように計画したことで、町民や観光客の動きが把握でき、距離感が縮まりコンパクトな運営ができます。

Building reduction let the visitors see the mountain view and insert the natural lights. The information reception was originally set in the dark corner with minimum connection to the visitor's area. We designed the reception in front of visitor hall to connect the staff and the visitors together. The staff can easily grasp the visitors action and work compactly. 

しいたけの館21は近隣市村の児童の遊び場を提供しています。児童用スペースは施設の中央に配置し、窓際の明るい空間にしました。柱を囲むおもちゃスペースと壁に接する絵本が収納される階段状のベンチを計画しました​。この施設では村内の少ない児童たちが村全体の活力の源となると共に、大人たちが大事に見守りやすいように開放的な空間としました。

EMM is facility for both tourists and villagers, but special for the children. We designed the children space in the center of the project facing the nature. The center column with toy shelf and sofa is the place to enjoy with friends. The stair like bench with bookshelf is the space to read together by sitting in line. The central children space is designed for elder people for real. Children as treasure of village is a symbol of vitality. We wanted all the elder visitors to feel their vital activity, and keep an eye on.

しいたけの館21内には「どんこ亭」という村の特産品である「しいたけ」の料理を提供するビュッフェスタイルのレストランがあります。屋台型のアイランドカウンターと、窓際まで座席レイアウトを拡張し、回遊性のある動線のレストランとなるように改修しました。

EMM has an buffet style restaurant which did not had any window to the nature. The restaurant is specially cooking the "Siitake (Japanese popular mash room)" ,which is the local popular product, and visitors to enjoy. We designed to expand the restaurant to face the valley side view and both enjoy the meal and the producing landscape. Also we designed the buffet island counter to circulate the customers to enjoy various style of cook.

エントランスホールには町民が気軽に利用できるフリースペースを計画しました。またエントランススペースは観光客や学校行事で訪れる児童たちが入退するため、壁に埋め込まれたモニターに諸塚のPR動画を流せるようにしました。

We also out fit the free space to gather round in the entrance hall. The entrance hall will be the most interactive space for visitors and we set the monitor in wall to play the movie to promote the attraction of Morotsuka village.

しいたけの館21は九州の幼稚園から小学生の児童の学外行事の環境を提供しています。自然学習の場として展示情報室を計画しました。既存建物の特徴的な屋根はライトアップし、過去の遺構(レガシー)を引き継ぐ象徴的な空間としています。

EMM is an out-of -school study facility to learn about nature. The visiting children from all around of Kyushu (3rd largest island of Japan). There designed an exhibition space to learn about the nature of Mortosuka. The characteristic original roofing shape is lighten up to emphasis our intention of handing over the legacy and history of the site.

私たちはこの建築が30年間培った村の歴史を次の30年へ引き継ぐことを考え、周辺環境と融和し、諸塚村の象徴となる橡地蔵や村の子供たちといった財産を一体化させる施設として再生しました。

Our mission was to remodel the facility for the required use. Our vision of handing the past 30 years history to the next 30 years made a harmony of surrounding nature and required use. Together with the remodeling, we regenerated the connection of mini-shrine (the symbol of the past) and children (the symbol of the future). 

© 2017-2020 TAG建築デザイン事務所, TAG DESIGN OFFICE

​群馬県高崎市鶴見町1-1-1丸三高崎ビル2A / 027-381-6041