​間崎島リゾートホテル計画

Masaki Island Resort

​ジャンル:新築、ホテル、リゾート、スパ、レストラン
​業務内容:企画設計
計画:2020.12
用途:宿泊施設
計画面積:500㎡
計画地:三重県志摩市
Genre: Hotel, Resort, Spa, Restaruant
Work of Scope: Basic Design
Completion:Dec.2020
Major use:Hotel
Area:500㎡
Location:Shima, Mie
Graphic :TAG建築デザイン事務所

伊勢のさらに南、英虞湾に浮かぶ離島のリゾート

間崎島リゾートホテル計画は三重県志摩市の英虞湾に位置する離島で、客室数3室にプール、スパ、レストランを擁するプライベートリゾートです。最寄りのフェリーターミナルより船で20分前後でアクセスできますが、大阪、名古屋より阪急鉄道により最寄りの駅まで2時間程度かかるため、ヘリポートとなる芝生広場を計画してあります。希望者は全国各地のヘリポートよりヘリコプターでくることができ、東京からおよそ1時間、大阪名古屋から30分程度でアクセスすることも可能です。

Masaki Island Resort (MIR) is planned at Shima, Mie prefecture where Japanese important shrine heritage stands. MIR only shares 3 rooms with auxiliary facilities such as swimming pool, spa, restaurants. It takes 20 minutes on a ship trip from the nearest port, but the access to the port takes 2hours on train from Osaka or Nagoya and 4hours from Tokyo. So the project possess heliport space as a front plaza covered by grass field which enhance the access from every place in Japan. 30mins from Osaka or Nagoya and 1hour from Tokyo.

​国立公園内の隠れたリゾートビレッジ

離島に計画されたホテルは、隠れ家のような客室と景色と融和する共用施設が適した位置に配棟し、デザインコードにより一体感感じるプライベートビレッジとなるように計画しました。国立公園として指定された敷地は、建物の形状や素材などにおいて環境に配慮しなければならない厳しい条件が課されます。その条件を逆手に、全体が自然環境と融和するように色調や形状のデザインをコントロールし、統一感を感じられる計画を目指しました。

We started to design the project to locate the each function with the best view condition for all the visitors to enjoy the environment of the island. The site is designated as a national park area where gives strong restriction to the shape of building and construction materials. So we designed the project to become as a island villa resort with a sense of unity. 

​英虞湾と一体化するプールサイド

プールは英虞湾の水面レベルと調和するように計画し、デッキを介し一体感を感じるようにデザインしました。プールはリラックスを目的としたプールサイドと、飛び込みのできる十分な深さのエリアと運動のできるレーンを雁行させて個性的な形状にデザインしました。プールの奥にはプールサイドバーがあり、スパやレストランを擁する共用棟と連続します。

Swimming pool is designed to merge to the sea by controlling the water level and deck space. Swimming pool is shaped  by mixing diving corner and swimming lane which combine with the relaxing side deck space. The swimming pool side bar stands at the end of the swimming pool and continues to the auxiliary facilities such as Spa and restaurants/bar.   

​国立公園を縁取るビューバス

共用棟の大浴場には広々としたヒノキの浴槽を計画しました。目の前には入江と自然が広がるため、国立公園を縁取る開口を設け、独り占めできる日本の原生自然と、その環境によるプライバシーを確保した大浴場としました。

The spa is contains Hinokiburo (traditional style bath of cypress wood basin) with framed view of Japanese raw nature view in the national park. The location creates the impact of presence in nature and high privacy space at the same time. 

ホテルのチェックインロビーはフォレストビューとドライガーデン(枯山水)にてお迎いの空間を演出します。日本古来の環境と、人間の手が加えられた庭園により、自然の美しさを引き立てることを考えた侘び寂びのデザインです。またコンパクトなホテルである一方で、待合ロビーと受付カウンターは別空間とすることで、チェックイン・アウトのお手続き間にお連れ様が自然の魅力を堪能できるように計画をしています。

Hotel lobby faces to the forest and dry garden (traditional Kare-San-Sui style garden). It welcomes the visitors with mixed Japanese raw nature and artificial garden designating Wabi-Sabi space. The hotel lobby and reception is separated in each space for the guests to enjoy the check in and out time.

​すべての客室は水面からの高さ検討を行い、オール英虞湾ビューとなるよう計画しました。丘上のビラからは土間リビングから英虞湾を眺めることができ、離島ホテルとして英虞湾を独占する景色を有する客室を目指しました。

All the guest rooms designed with ocean view by controlling the floor height from the sea level. The villa on the hill enable the view from the lounge space. The guest rooms are designed for exclusive stay with possessing Ago-bay.

​レストランは日帰り利用客も想定し、船着き場から直接利用できる動線計画を行いました。共用棟の2階に計画することで、サンセットビューと英虞湾の景色を楽しむことができます。

Restaurant is planned on second floor where guests can directly access from the port for the day trip users. The levitated restaurant gives panorama view of Ago-bay and sunset during the F&B service.

ヘリコプターで訪れるお客様は上空からホテルを一度眺めてから到着します。環境全体が堪能できる特別な体験となりますが、建物の裏側がよく見えてしまうことが大きな難点です。そこでこの計画では中庭として庭園を計画し、最上級のもてなし体験の入口である上空からの見え方を補完し、同時に宿泊者のホテル体験の質を高める提案をしました。この中庭は宿泊者専用の共用棟へのアクセス空間として動線を整理し、宿泊しないと体験できない特別な空間としてデザインしています。庭園は沿岸に自生するクロマツや神社の境内に植えられていることの多いオガタマノキをシンボルツリーとし、英虞湾の様子を模した波模様を表現しています。

The guests using helicopter access will see the overview scene of the project before his/her arrival. The bird view experience is very special for the executive guests, but the helicopter view easily let the back side of the buildings open. So this project embrace the inner garden which completes the over view scene of the hotel and upgrade the hotel experience quality. The inner garden is the exclusive guests only access route to the swimming pool and Spa. The garden has symbol tree of black pine and Ogatama-no-ki (Japanese tree similar to Champak planted in shrine garden), and sand art with moss mound of traditional Kare-San-Sui garden. This design express the micro environment of Ago-bay islands 

土地の特徴を捉え、英虞湾の魅力を特別な体験に導くホテル

敷地の環境条件、地形、ヘリポート利用の航空法、公園法、ホテルの運営計画など必要とされる検討内容をひとつひとつ丁寧に解析し、計画条件と英虞湾の魅力を統合しました。土地の魅力を変換し、建築の中で特別な体験へと導くことを目指したリゾートホテルの計画です。

Our mission was to sort various issues behind the project requirements. Climate, topography, aviation laws for heliport, Park acts due to the national park area, hotel operation and other regulations are carefully analyzed. We converted the attraction of the land in hotel experience and integrated in the architecture design.

© 2017-2020 TAG建築デザイン事務所, TAG DESIGN OFFICE

​群馬県高崎市鶴見町1-1-1丸三高崎ビル2A / 027-381-6041