2. 規模感とコスト感

​マイホームは決して安い買い物ではありません。まとまった費用を要する大変大きな買い物になります。その費用は小さな建材一つ一つが積みあがって完成形の費用としてお見積書に反映されます。ここでは予算感からどういった選択肢があるかを考えます。
05_費用計画?.png

​図:いろいろな予算按分が考えられます

2-1 まずは生活空間の大きさを考える

一人暮らしの小さなアパートから考えると広さをイメージしやすいでしょう。一般的な8畳部屋をもつミニキッチンの部屋を探すと、間口およそ3m奥行きおよそ8mで合計24㎡前後のものが多くみられます。このプランを生活に必要な最低限の空間と想定します(より小さい住戸も世の中にはあります)。
06_最小空間v2.png
07_最小空間4個分v2.png

​図:8畳の単身者向けアパートの平面イメージ

​図:夫婦+子供一人の間取り構成イメージ

ここで生活空間を24㎡/一人として、夫婦と子供一人の間取り計画のため3倍した範囲に間取りを当てはめてみるとちょうどよい大きさになります。上のイメージでは、キッチンが4.5畳、リビングダイニング10畳、主寝室と子供部屋がそれぞれ8畳に1間の収納付き、風呂場は足が伸ばせるユニットバスサイズ、脱衣所やトイレなど必要な設備を想定しています。
デザインや暮らし方により適切な間取りは変わります。それこそデザインや計画によっては60㎡で3人家族が暮らすことも計画できるでしょう。その場合一人20㎡になりますので、上述の内容より少し厳しいので、工夫が必用になってきます。小さな面積に必要な空間を納めるのは設計者の腕が鳴るものです!
07_最小空間3個分と4個分比較.png

​図:一人分追加した面積で計画したときの
設計の自由度の違いをイメージした間取り

継は一人あたり32㎡で算定してみましょう。リビングダイニングが広く計画が可能です。かなりゆったりとしたリビングダイニングが想定されます。感覚の差は人それぞれですが、一人あたり20~25㎡だと狭小住宅、25~30㎡だと一般的、30㎡超えだと広め、という目安をもって最初は検討し、家族の中でいろいろ調べていく中でイメージを共有するのがよいでしょう。

広くない面積をいかに広く使うことができるか考えることが設計者の腕にかかっているのです。信頼できる設計者を見つけることが最も資産効率のよいマイホームがつくれるということだと言えます。

2-2 工事費用のざっくり算出

工事費用は中々想定しにくいかと思います。住宅販売のチラシや工務店を紹介されている雑誌などの参考工事費と写真をみても、費用の違いなどを見て混乱してしまうかもしれません。建築工事費や設備工事費など、なんの工事が含まれて、何が含まれていないかなど中々読み解くのが難しいでしょう。 
08_㎡単価イメージ.png

​図:設計に応じた単価設定により㎡単価が算出するイメージ

工事は単価設定をすることで、実際に使用される仕上げ材料などの高級度を仮定することができます。その費用を積み上げ、必要なキッチンや衛生設備をはじめ、作り付け家具などを加算することで全体の費用イメージが把握できます。この費用を加算し、面積按分をすると工事単価が思案できます。あるプロジェクト設定では工事費用が8.5万円/㎡、工事会社の現場管理費用20%、(デザイン設計費用別途)を加算しおよそ10万円/平米となりました。この価格に家具造作などの設計の中身に応じて減額、増額となることが想定されます。どのような工事でも計画されたものにより工事費が決まります。単価設定の目安は設計担当者とじっくりお話されるとよいでしょう。

2-3 予算計画から検討できる家づくりのバリエーション

工事総予算に加え、物件価格やその他の手数料や引っ越し費用などを積み上げると総予算が算出することができます。このとき、物件価格は全体の費用に大きく影響を与えることが想定されます。例えば前述の工事単価に物件価格が2750万の中古マンション取得費を加えたリノベーションで検討しているとき、同じ価格帯で注文住宅も検討することができる場合があります。
09_総予算の検討.png
10_価格帯.png

​図:中古マンションリノベーションと同価格の注文住宅の例

​図:価格帯に応じた選択肢

こういった価格はお探しの物件情報によって多様で、一概に言えません。だからこそ実際には多くの選択肢があり、その検討によっては予期せぬ可能性をもつことだってあります。価格帯によっては実生活における多くの未来への道が開け、想定していなかったより高い理想が叶うこともあるでしょう。この選択肢を検証するには、土地・建物・内装・工事といった一連の工程を通じて親身に助言をしてもらえるパートナーがいると心強いでしょう。大手の安心さをもつハウスメーカー、地元に根付いた信頼さをもつ地元工務店、第三者的な立場から裏表のない設計者、お金のことに特化したファイナンシャルプランナーなどパートナーの選択肢はいろいろあります。
11_考え方.png

​図:予算はパートナーと工夫を凝らす!

ご予算感は生活の規模(総面積)と暮らし方を基準に、コストを管理していくとロジカルに必要な費用が見えてきます。費用から条件を探すことも大事ですが、その逆の方向でもご検討されるのもよいかと思います。そのための具体的な方法は生活をよりイメージするためのパートナー探しだと思います。これにはお施主様の手間もかかります。ですが、その分完成した住宅は家族の一部のようにも感じられるかと思います。