5.本当の意味での建築条件とは

土地の広告ちらしなどをご覧になると時折「建築条件付き」の土地情報を見かけることが多々あるでしょう。建築条件とは「土地を売買する際に建物に関わる約束事があること」を意味しています。

5-1 建築条件のイニシアチブはだれが持っている?

建築条件付きの土地ではお好きな建築士や工務店等にお願いができないので注意が必要です。この建築条件とは土地売買上の取引停止の条件となっていることもあり、土地を購入するための条件と考えてよいでしょう。それではこの条件で誰が得するのでしょうか。売り主、不動産屋、設計事務所、工務店それぞれの立場で考えてみます。売り主は土地の魅力を引き立てる材料に建物のプランがほしいが、計画図を書いてもらう諸経費をかけたくない。不動産会社は無駄なく速やかに取引が完了することを望みます。設計士は最小限の営業用参考プランをかいて、合理的な営業をしたいものです。工務店は速やかに工事契約をして、早期に建物を建設して引き渡しを望みます。しかし建築条件にプランがある限り、設計事務所あるいは工務店がその営業用プラン作成における必要経費をかけています。この経費を回収するために、参考プランから大きく変更をかけず、合理的に手間をあまりかけずに業務を進めたい会社の場合もあります。すこし寂しい感じもします。もちろん中には非常に優秀な工務店が条件付きの場合もあります。何もすべての建築条件が上記の通りでなく、「条件次第」なのです建築条件付きで土地取得される場合はその条件を詳細に確認し、最悪建物に合意できなかったときに解約に至るかどうかなども含めて確認されることをお勧めします。そのときは残念ながら当事務所への設計はご依頼いただくことが難しいかと思われます。ですが、幸せな家づくりが行われることを願っております。

5-2 本当の建築条件は建て主自身

建築条件は建売住宅ではありません。ということは注文住宅の一種といえます。ですが注文住宅に期待できるほどの自由度は「条件次第」です。本当の条件とは、住宅の建築条件は建て主の方々のもつ「住まいへの希望」のはずです。建て主の新居での生活のあこがれや、唯一無二であるご家族の将来計画に沿った未来像を実現するための「建築に課す条件」こそが本当の建築条件なのではないでしょうか。

5-3 建て主の「建築条件」を具現化させる建築士

土地が整備され、取引され、建物が設計され、建てられる。この一連のプロセスの中で建て主に最も長く寄り添えるのは「設計事務所」だと考えています。もちろん不動産屋や工務店もその努力に妥協はないでしょう。しかし寄り添うことが建築士の仕事に必要なのです。建築士は建築士法第1条で「その業務の適正をはかり、建築の質の向上に寄与させることを目的とする」と定めれています。一連の専門家で、建て主の希望を実現化させる際に土地や建材といった「モノ」の取引による利益が無く、純粋に依頼主の希望だけに集中できる立場です。土地取引や工事といった他業の専門を尊重し、包括的にコンサルティングができる建築士をお選びになることをお勧めします。

​図:建築士視点の包括的コンサルティングの構図

​設計事務所にも足を運んではいかがでしょう?

© 2017-2020 TAG建築デザイン事務所, TAG DESIGN OFFICE

​群馬県高崎市鶴見町1-1-1丸三高崎ビル2A / 027-381-6041