​建築企画特集

勝手にTAG付けプロジェクト

​土地のポテンシャルを考えてみる

不動産情報を眺めてみる。
 
世間的にネガティブ要素が多くて価格が下がっているものを発見すると「お?なぜだ?」と考えたりします。どういった建物が建てられるか未検証(どこかの無償の営業設計が受けられなかった)、都市計画上の都合で後退線があり土地面積が権利同等に確保できない、地理的都合で不人気など、様々な要因が考えられます。しかしそんな土地だからこそ、何か面白いことできないかとアイディアを練ってみたくなります。不動産価値以上のものを建築の力で引き出せれば、安い土地に期待値の高い建物をたてて、所有者の幸せにつながるのではないかと考えてみたくなるのです。稀に頭から離れないものあったりします。そういった土地には直感的にナニカを感じるからでしょう。地図や歴史などを調べたりしすると、ハッと解けたりします。その瞬間が心地よいのです。ここでは実際の不動産情報を見て閃いたアイディアをご紹介します。