​白馬の住宅<I>

House in Hakuba <I>

ジャンル:新築、住宅
​業務内容:企画設計
用途:住宅
計画面積:300㎡
計画地:長野県白馬村
不動産企画:株式会社 S-fit
Genre: House
Work of Scope : Basic Design
Major use:House
Area:300㎡
Location: Hakuba, Nagano
Developer: S-FIT Co.,Ltd.
Graphic: TAG建築デザイン事務所

 白馬の住宅<I>は高低差が7mある激しい傾斜地に計画された週末住宅です。傾斜地での計画条件のため、上がりやすい地盤・基礎コストとデザインの両立が課題でした。私達は「山間の村」をイメージし、利用する家族の一人一人が非日常の体験の中で自分たちの居場所をみつけ、雄大な白馬の自然を身近に感じることのできる計画を目指しました。課題解決のため「段々の傾斜地に平屋の建物を重ねる計画」を提案しました。

House in Hakuba<I> (HiH-I) is a weekend house planned at 7m height level site. The steep site generally concerns the foundation cost which also effects the design as a task. We inspired the design solution from "Mountain Villa" where staying persons can find each own comfort space and enjoy the view of Hakuba mountains. Our design method is to "overlay 1 story cottage along steep site". 

 細かく平屋の建物を重ねて傾斜なりにデザインすることで最小限の切土・盛土の計画とし、開発コストを下げることができます。また段々に形成される各部屋は立体的な内部空間を構成し豊かさを感じることができます。次第に標高が高くなる諸室配置計画となるため眺望がよく、雄大な白馬の自然を楽しむことができます。

 The overlaying method minimized the foundation construction depth for cost friend planning, and also creates the rich layered interior space. The steps of cottage rises along the steep and enables to take in better views by settling at higher position.

 住宅に必要な共用部であるリビング・ダイニング・キッチン等を部分的に重なりあるように配置することで、廊下を介さず出入りすることとなり、利用する人たちの気配を互いに感じながら生活ができるように計画しています。また共用部は山の傾斜地側にも開口を設けることで樹木に囲まれた落ち着きのある風景も望めます。

The common space such as living space, dining space and kitchen is connected with by the layer of buildings without a corridor. The staying persons can feel the activity of each other which feels a unity. Some space has window to the steep mountain side where the trees closely stands, and feel forest very near.

© 2017-2020 TAG建築デザイン事務所, TAG DESIGN OFFICE

​群馬県高崎市鶴見町1-1-1丸三高崎ビル2A / 027-381-6041