​牛だし おでん酒場cozakura

Bar Cozakura Shibuya

ジャンル:インテリア、飲食店
(天井、座席レイアウト)​
​業務内容:設計施工管理
竣工:2018.05
用途:飲食店舗
計画面積:50㎡(施設の一部)
計画地:東京都渋谷区
協働:篠元貴之
Genre: Interior , Bar/Restaurant 
(ceiling, FFE layout)
Work of Scope: Design build
Completion: MAY 2018
Major Use: Bar, Restaurant
Area:50㎡
Location: Shibuya, Tokyo
Team: Taka Shinomoto
photography : 平岡祐樹

牛だし おでん酒場cozakuraは、「牛だし」仕込みの珍しいおでん屋です。元Brooklynスタイルのバーから和食形態へ移行する内装計画を限られた予算で実行した計画です。当プロジェクトは「おでん(業態)」、「cozakura(店名)」と「既設の状態を活用」という3つの計画条件に加え「大きく雰囲気を変えたい」という依頼内容でした。私たちは前店舗から手をかけられていなかった「天井」に着目しました。天井は床と同じ面積だけあり、大きく雰囲気を左右する空間のキャンパスと考えました。その天井​に「桝」と同じ形状の木ブロックを吊るすことで「和の景色」を表現する空間デザインです。

Bar Cozakura Shibuya (BCS) is beef stock flavor style Oden (Japanese traditional hot pot style meal) which generally use Kombu(seaweed) stock. The original interior was Brooklyn style bar and required to change into Japanese style bar with low budget. The task is to find "an interior for Oden bar", harmonize with the name of the bar "Cozakura"(small cherry blossom), and "utilize the existing interior". Also the interior design must change the ambient drastically. We took an attention on ceiling which was not touched from the first tenancy condition. Ceiling is generally having same area as floor, and effects the space design strongly. We hung the wooden block with same shape as Masu( japanese wooden cup for drinking alcohol) and express the "Japanese drinking seen of Hanami" (Hanami is a out door drinking party to enjoy cherry blossoms in spring season). 

店名のcozakuraからインスピレーションし、「桜の木の下でおでんを食べる花見居酒屋」という具体的なイメージが浮かびました。手がつけられていない天井のみに注力することで既設の状態を活用し、予算計画に適合するデザインです。おでんと親和性の高い「桜色の桝ユニット」を高さの異なる位置に吊るすことで「おでん」と「桜の木の下」の空間演出を考案しました。

The image of Hanami is inspired from the name of the bar and concentrating the construction on ceiling made possible for low budget construction. Sakura colored (white pink) wood unit harmonize with the Oden meal (Oden used to be ate at out door mobile bar). The indoor Sakura party style was our proposal for new style beef stock Oden bar. 

また家具計画については最大収容席レイアウトではなく、オペレーション上融通の利く「ペア席からグループ席」まで自由に対応可能なフレキシブルなレイアウトと家具を提案しました。家具の席レイアウトは飲食店の売り上げに直結する重要な検討事項のため、オーナー様および店長様と入念なお打合せと現場でのレイアウト検証を行い決定しました。

The table and seat layout is not to maximize the number of seats, but most adaptable pair for diverse groupe of people. The seat layout directly effects the management of bar and we have been deeply discuss with manager of the bar. and the client.

© 2017-2020 TAG建築デザイン事務所, TAG DESIGN OFFICE

​群馬県高崎市鶴見町1-1-1丸三高崎ビル2A / 027-381-6041